News

2016年01月のニュース

2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 | 6 7 8 9 10 11 12

2016年01月

「ベトちゃんドクちゃん」分離手術の知られざる裏側【前編】
ベトナム戦争時に米軍が散布した枯葉剤の影響で結合双生児として生まれた「ベトちゃんドクちゃん」。2人の分離手術は1988年10月4日、日本赤十字社の医師の立ち会いの下、ホーチミン市ツーズー産婦人科病院で行われた。
2016-01-31
鍋スープカレー専門店、ベトナムで1号店 千歳の経営者4人が開業
千歳市内で食肉卸や飲食業などの会社を経営する4人が29日、スープカレーを鍋で出す専門店「札幌鍋」1号店をベトナムのホーチミン市に開業した。年内に同市内にさらに1店、2年目には計5店舗の展開を目指す。
2016-01-31
高級マンション供給過剰で不動産バブルの懸念も
2015年は分譲マンション市場が特にハノイ市とホーチミン市の2大都市で著しく成長した年だったが、多くの専門家は、2016年は供給過剰により不動産バブルのリスクに直面するとの懸念を示している。
2016-01-30
「世界で最も5つ星ホテルが安い都市」、ホーチミンが3位
旅行関連オンラインサービスの米プライスライングループ(The Priceline Group)が運営する航空券・ホテル・レンタカー予約メタ検索エンジン「カヤック(KAYAK)」は、「世界で最も5つ星ホテルが安い都市トップ10」を発表した。同ランキングで、3位にホーチミン市がランクインした。
2016-01-30
ホーチミン:メトロ2号線の投資総額、5割増に上方修正
グエン・タン・ズン首相は、ホーチミン市都市鉄道(メトロ)2号線(ベンタイン〜タムルオン間)案件の投資総額の上方修正に関する書類を見直し報告書を完成させるようホーチミン市人民委員会に指導した。
2016-01-30
ベトナム代表、三浦俊也監督を解任…兼任のU23でリオ五輪予選3戦全敗
ベトナムサッカー連盟(VFF)は28日午前にホーチミン市内のホテルで開いた会議で、ベトナム代表の三浦俊也監督の解任を正式に決定した。後任には、ベトナム人監督が就任する見通し。 三浦監督は、2014年5月にベトナム代表(U-23代表兼任)監督に就任。
2016-01-29
フォーバル---ホーチミンで地銀6行と合同商談会開催
新たな生産委託先や販売パートナー、事業パートナーを探している各行の取引先5社、計30社に対して同社がマッチング先となる(ベトナム)企業を選定し、効果的な商談を実現させる。
2016-01-29
アジア太平洋地域33都市の幸福度指数、ハノイ4位・ホーチミン8位
ハノイ市は、「生活の満足度」で2位(73.3ポイント)、「脅威からの安全性」で5位(64.3ポイント)、「個人の幸せ」で5位(70.9ポイント)、「仕事と経済状況」で6位(75.7ポイント)だった。一方、ホーチミン市は、「仕事と経済状況」で3位(77.2ポイント)となった。
2016-01-29
ホーチミンの自然庭園「ビン・シェン」が人気 釣り場やボート乗り場、VIPルームも
園内には葉で造った建物が多く並び、閑静な佇まいでリラックスできる空間を演出している。400席あるレストランでは、ベトナム南部をはじめ、ヨーロッパやアジアの料理が楽しめる。料理の価格は100ドン(約529円)〜。
2016-01-29
エアアジア、ペナン-ホーチミン直行便を就航
格安航空会社エアアジアは1月25日、ペナンとベトナムのホーチミンを繋ぐ直行便を就航した。
2016-01-28
ニトリHD、白井次期社長「増収増益も50周年もひとつの通過点」
会長に就く似鳥昭雄社長は、現状の課題認識について「やはり海外を順調に進めていきたい」と述べた。
2016-01-27
住宅供給、販売戸数が最高 越15年 外国人購入増が後押し
同国最大都市ホーチミンは昨年の住宅供給戸数が前年比122%増の4万1900戸、首都ハノイは同70%増の2万8300戸だった。販売戸数は、ホーチミンが同98%増の3万6160戸、ハノイは販売戸数がピークだった09年と比較して40%増の2万1100戸に上る。
2016-01-27
東南アジア株式=横ばいか弱含み、原油安受けアジアの株安に追随
マニラ市場の主要株価指数PSEi は1.90%安の6311.60、ホーチミン市場のVN指数 は0.85%安の537.73でそれぞれ引けた。 フィリップ・キャピタル(バンコク)のアナリストは「原油価格のボラティリティーが上昇する中で、相場上昇は長くは続かないだろう」と話した。
2016-01-27
ベトナムで日本の制服ファッション展示 出展ブースに連日長蛇の列
広報担当者の秋山さんは「今回、ホーチミンから日本の制服ファッションを発信するため、日本で制服コスプレーヤーとして知られる『セーラー服おじさん』こと小林秀章さんをベトナムに招待した。
2016-01-27
ドライフルーツのビナミット、ホーチミン中心部に有機食品店
ドライフルーツ加工大手ビナミット社(Vinamit)は、ホーチミン市1区グエンズー通り84番地(84 Nguyen Du St., Dist.1)で、市内初の有機果実・農産物販売店「ビナミット・オーガニクス(Vinamit Organics)」をオープンした。
2016-01-27
ホーチミン:メトロ1号線、ドンナイ省への延伸を提案
提案によると、ドンナイ省は交通量が多いホーチミン市の東の玄関口に隣接しているほか、工業団地29か所を擁しており、同省とホーチミン市の往来需要が高まっている。
2016-01-27
15年Q4の賃貸オフィス入居率、ホーチミン94%、ハノイ83%
英系総合不動産サービス会社のサヴィルズ・ベトナム(Savills Vietnam)はこのほど、ホーチミン市及びハノイ市の2大都市における2015年第4四半期の賃貸オフィス市場レポートを発表した。
2016-01-27
オスカー賞候補作品の主人公 口で絵を描く男性、ホーチミンで話題に
口で絵を描くホーチミン市在住の障がい者、Le Minh Chau(レ・ミン・チャウ)さんが外国人の注目を集めている。チャウさんはオスカー賞のトップ5に推挙されたドキュメンタリー映画の主人公。
2016-01-26
東南アジア株式=大半が上伸、ホーチミンは4年ぶりの上昇率
[25日 ロイター] - 週明け25日の東南アジア株式市場は、大半が上伸。米国などの寒波を受けて原油価格が値を上げる中、ホーチミン市場は1日としては4年ぶりの大幅上昇を記録した。
2016-01-26
ホーチミン:グエンフエ通りなど通行止め、テトのフラワーロードで
ホーチミン市交通運輸局は、2016年のテト(旧正月)を祝う「フラワーロード」の開催に伴い、2月5日19時から12日22時まで同市1区グエンフエ通り及び周辺の各通りを全車両通行止めとする。 通行止めとなる各通りは以下の通り。
2016-01-25
アジア旬景
ベトナム・ホーチミンにイオンが2014年1月に開いたショッピングモール。食品売り場やレストランなど、どこもかしこも人、人、人。家族連れやカップルで大にぎわいだ。 携帯電話売り場をのぞくと、子供向けにスマートフォン(スマホ)の試用コーナーが設けてあった。
2016-01-24
もうすぐ旧正月!ホーチミン近郊のおススメ観光地を紹介
省都ビンロン市からフェリーで約10分の距離に位置するアンビン島のビンサン観光区は、メコンデルタの肥沃な土壌のおかげで、一年中、果物が収穫でき、ホーチミン市の喧騒から離れたい人に人気の観光スポット。ここでは、地元の人々の素朴な生活を垣間見ることができる。
2016-01-23
東南アジア株式=全面安、石油安が圧迫
マニラは約2週間ぶりの下げを記録。クアラルンプールは4カ月超ぶりの安値を更新した。 マニラの主要株価指数PSEi は2.8%安と、1月11日以来の下げ幅を記録。
2016-01-22
脱・二元論=上野央絵
行ってみて想像以上の様変わりに驚いた。うら寂しい印象だったハノイは米大手コーヒーチェーンが進出するなど活気に満ち、ホーチミンではベトナム初の都市鉄道となる地下鉄の工事が着々と進んでいる。街を行き交う人はどちらも激増した。
2016-01-22
ビジネスの流儀
郷に入っては郷に従え」-―。簡単に思えるが、これがなかなか難しい。アジアの専門家がビジネスの流儀を指南する。 「街を走る車が少ないのに驚きました。まだまだバイク社会なんですね」。
2016-01-22
ホーチミンの化粧品店前に「無料バインミー」の箱 店主が生活困窮者のために毎日設置
今月の上旬ごろから同店の前に登場した「無料バインミーの箱」は、化粧品店の店長で、約40年にわたりチャリティー活動を行っているLanさんが、生活困窮者のために朝ごはんを提供しようと設置したもの。
2016-01-22
ホーチミン:「ビンコム・プラザ・ゴーバップ」開業、市内5か所目
ビングループ[VIC](Vingroup)は19日、ホーチミン市ゴーバップ区でショッピングセンター(SC)「ビンコム・プラザ・ゴーバップ(Vincom Plaza Go Vap)」(12 Phan Van Tri St., Go Vap Dist., Ho Chi Minh City)を開業した。
2016-01-21
「セーラー服おじさん」こと小林秀章さん、ホーチミンを訪問
ホーチミン市の通りでセーラー服おじさんに会った人々が自分のフェイスブックに写真をアップしている。1区にある「Cho Cu(チョ・ク)」(=古い市場)でセーラー服おじさんに会ったDuc Thanh(トゥク・タン)さんは「市場に行ったところ、セーラー服を着ているおじいさんがいた。
2016-01-21
16年のテト賞与、全国平均は前年比+15.7%増の550万VND
新暦正月の賞与の全国平均額は前年比+1.6%増の120万VND(約6350円)。最高額はホーチミン市の外資系企業の20億2000万VND(約1070万円)、最低額は紅河デルタ地方タイビン省の外資系企業の2万4000VND(約127円)。
2016-01-21
ビナフォン、ホーチミンとフーコック島で4Gサービス提供開始
ベトナム郵便通信グループ(Vietnam Posts and Telecommunications Group=VNPT)傘下の携帯通信大手ビナフォン(Vinaphone)は18日、ホーチミン市及びメコンデルタ地方キエンザン省フーコック島で第4世代移動通信システム(4G)サービスの提供を試験的に開始した。
2016-01-19
ホーチミン道路が全線開通、北端から南端まで一続きに
交通運輸省は16日、ホーチミン道路建設案件の一部となるメコンデルタ地方カマウ省ナムカン橋〜ダットムイ区間の開通式を開催した。
2016-01-19
ホーチミン:女子高生にアオザイ着用を奨励、週1回以上
ホーチミン市教育訓練局は13日、市内の各高校に対し、女子生徒がアオザイを着用する日を1週間に1回以上設けるよう要請した。
2016-01-19
ベトナムの農村の雰囲気が楽しめるカフェ、ホーチミンで人気に
多くのバイクや車が行き交うホーチミン市内にありながら、ベトナムの農村をテーマにした内装が施されている同店は、来店客に静かなひとときを提供している。
2016-01-19
佐藤商事、ベトナム現地法人のハノイ支店を設立
鉄鋼製品、非鉄金属製品などの販売及び輸出入を手掛ける佐藤商事株式会社(東京都千代田区)の100%子会社、佐藤商事ベトナム(SATO-SHOJI (VIETNAM)CO.,LTD.、ホーチミン市)は11日、ハノイ市ドンダー区に支店を設立した。
2016-01-18
在ホーチミン・ハンガリー総領事館、10年ぶりに再開設
在ホーチミン・ハンガリー総領事館再開は10年前に業務を停止し、在ホーチミン・ハンガリー名誉領事館としてホーチミン市1区パスター通り88番地(88 Pasteur, Dist., Ho Chi Minh)で業務を行っていた。
2016-01-18
【ベトナム】カワイイ制服ファッションをホーチミンへ発信する見本市が16、17日にイオンで開催
2016年1月16日、女子高生や女子中学生向けのオリジナル制服ブランド「ルーシーポップ」を展開する株式会社響(東京都港区)は1月16日、17日にホーチミン市の「イオンモール タンフーセラドン」(タンフー区)で開催される見本市「クールジャパンラウンジ」に出展する。
2016-01-17
東南アジア株式=大半で下落、バンコクは1週間ぶり安値
バンコク 15日 ロイター] - 15日の東南アジア市場の株価は大半で下落した。原油先物相場の下落がエネルギー株の売りを招き、バンコクのSET指数が1週間ぶり安値近くに押し下げられた。週間では主要株価指数の多くが前週に続き下落した。
2016-01-16
癒えることないベトナム戦争での民間人虐殺 「ああ、韓国人は今も村に入れない」
ベトナムピエタ」銅像建立を推進したのは韓ベ平和財団(仮称)だ。韓ベ平和財団の中心人物の一人は、1999年にベトナム民間人虐殺を韓国社会に初めて知らせたク・スジョン『ハンギョレ21』ホーチミン通信員だ。
2016-01-16
「ディズニー・オン・アイス」、ホーチミンで2月に初公演
ホーチミン市11区のフートー競技場(1 Lu Gia St., Dist.11)で2月24日(水)から28日(日)まで、ディズニーのアイスショー「ディズニー・オン・アイス(Disney On Ice) 」がベトナムで初めて開催される。全12公演。
2016-01-16
韓日、ベトナムで「30兆ウォン受注戦争」
ベトナム政府と主な地方都市が交通インフラ構築事業に力を注ぐのは、交通インフラ不足と交通システムの不十分さが経済発展にとって障害物になっているという判断のためだ。
2016-01-16
ベトナムのタクシー配車アプリ市場に学ぶ、現地で成功するための3つの鍵
前者については語るに及ばないが、タクシー社会という点ではベトナムは他の国に比べて、よりその傾向が強かったと言える。なぜなら、この国ではいまだ都市鉄道が整備されておらず、街中のタクシーが人々の足となっているからだ。
2016-01-15
ベトナムに保育園建設 2016年01月15日
戦後65年で初めて実現した慰霊祭で、旧日本軍への恨みを乗り越えて協力してくれた住民への恩返しという。中元さんは「ベトナム人と日本人の心をつなぐ場になれば」と願う。
2016-01-15
ホーチミン2区のカフェで不動産セミナー イタリア風の土地付き一戸建て住宅を紹介
ホーチミン市9区は、地下鉄のメトロライン、ショッピングセンターが利用しやすいため、国内外の投資家から人気を集めている。ベトナムでは昨年の7月から外国人が住宅を購入できるようになった。
2016-01-15
東南アジア株式=大半が上昇、マニラは2.6%高
シンガポール 、クアラルンプール 両市場の株価はともに若干上昇。ホーチミン市場 は優良株に売りが出て下落した。 海外投資家の売買はまちまち。マニラ市場では買い越し額が4日ぶりに2億5000万ぺソに達した。クアラルンプール市場は5日連続で売り越し。
2016-01-14
ベトジェット、テトの繁忙期に800便を増便
格安航空ベトジェットエア(Vietjet Air)は1月20日から2月20日まで、テト(旧正月)期の需要増加に合わせて計800便を増便する。これにより、計15万席を追加で提供することになる。
2016-01-14
ホーチミン・タンフー区のイオンモールで日本の制服ファッションショー
日本の経済産業省が推進する「クールジャパン・ワールドトライアル事業」の一環。「LucyPop(ルーシーポップ)」と名付けたブースを会場内に設置し、ベトナム、アジアの「カワイイ」ファンに向けて情報発信する。LucyPopは一昨年フィリピンのマニラで独自で出展したという。
2016-01-14
ホーチミンで新年を迎えるフラワーフェスティバル 市内に131箇所を越える花市場
同フェスのテーマは、「ホーチミン 平和、繁栄、発展」で、テト(旧正月)を華やかに迎えるのが目的。盆栽や花などの展示会や、ブース出店、ライブ舞台、民謡のゲーム、ベトナムスタイルの書道などのエリアが用意される。
2016-01-13
東南アジア株式=大半で上伸、バンコクは1週間ぶり高値
バンコクなど域内各市場の関心は決算発表や企業の業績見通しに移った。 タイでは銀行業界が第4四半期決算シーズンを迎え、ティスコ・ファイナンシャル・グループ の四半期利益はアナリスト推計を上回った。ティスコ株は2.4%高。
2016-01-13
ホーチミン:15年下半期の外国人の住宅購入1000件、新規定適用で
ホーチミン市不動産協会(HoREA)によると、2015年における全国の海外直接投資(FDI)認可額は約230億USD(約2兆7400億円)で、このうち23億USD(約2740億円)が不動産向けで、全体の10%を占めた。
2016-01-13
1月5日は宮崎駿さんの75回目のお誕生日! これを記念してスタジオジブリグッズを8つピックアップしてみたよ
これに加えて、海外の宮崎駿ファン、ウェブサイト「Behance」ユーザーでベトナム・ホーチミン在住のC3nmt Đỗさんが制作したデジタルアート作品も秀逸。満面の笑みを浮かべる宮崎さん。その顔の一部と化して、人気キャラクターたちが大集合している様は、圧巻です。
2016-01-12
ホーチミン市内23区画を競売へ、レズアン通りなど一等地も
ホーチミン市資源環境局は、2016年内に総面積13万m2の国有地23区画を競売にかける。この中には、1区レズアン通り23番地にある一等地も含まれている。
2016-01-12
馬LCCマリンド・エア、ホーチミン〜クアラルンプール線を就航
マレーシアの格安航空会社(LCC)のマリンド・エア(Malindo Air)は、ホーチミン市とマレーシアのクアラルンプールを結ぶ新路線を1月29日から就航する。 同路線は1日1往復のデイリー運航。
2016-01-12
15年分譲マンション成約戸数、ハノイ・ホーチミン共に大幅増
不動産仲介大手CBリチャードエリス(CBRE)ベトナムはこのほど、ホーチミン市およびハノイ市における2015年不動産市場レポートを発表した。それによると、2大都市における新築分譲マンション成約戸数は大幅に増加している。
2016-01-12
ホーチミンのアートな娯楽街、人気に バスを改造したケーキ店も
Ton Duc Thang(トン・ドゥク・タン)通り(ホーチミン市1区)にある娯楽街「Nha ga 3A(ニャ・ガ3A=3A駅)」が現在、若者の注目を集めている。 バスを改造したケーキ店(関連画像) 同娯楽街の敷地の面接は2000平方メートルで19世紀に建てられた。
2016-01-12
ホーチミン:サイゴン時代の歩道の縁石、昔の姿とどめる
ホーチミン市1区ハイバーチュン通りで歩道の改装工事が行われている中、約10cmの厚さのセメントの下から、かつて敷かれていたビエンホア(東南部ドンナイ省)青石の縁石が姿を現している。
2016-01-12
16年の平均テト賞与、ホーチミン734万VND、ハノイ358万VND
ホーチミン市労働傷病兵社会局は、計26万1010人の労働者を抱える企業1216社の報告をまとめた2016年新暦正月・旧正月(テト)賞与に関する報告を発表した。 これによると、新暦正月に賞与を支給した企業は896社で、平均額は240万VND(約1万2600円)だった。
2016-01-12
ベトナム、管轄空域での中国機の通告なし飛行46回と主張 試験飛行含め
ベトナムはICAOから「ホーチミン市飛行情報区」に指定された南シナ海の広い範囲で国際的な航空交通を管理する権限を与えられており、具体的には航空機を監視したり必要に応じて警告を発したりしている。
2016-01-11
ホーチミン:テトの新春花祭り開催、市内131か所で花市も
ホーチミン市1区のタオダン公園(Cong vien Tao Dan)と3区の国際広場(Cong truong Quoc te)で2月3日(水)から14日(日)までの12日間、2016年のテト(旧正月)を祝う市内最大規模の新春花祭りが開催される。入場料は2万VND(約106円)、12歳未満は無料。
2016-01-11
[ベトナム株]スタバ、越店舗でダラット産アラビカコーヒー販売
スターバックスは2015年5月末時点で、世界66か国に2万1890店舗を展開し、このうち米国における店舗数は1万2336店舗と、全体の過半数を占めている。日本では1月現在で1152店舗を展開。
2016-01-09
学生時代に海外で交流を ベトナム簿記普及推進協議会理事長・大武健一郎
西大和学園は中高一貫教育で、中学3年生の時に2週間程度米国でホームステイを経験して、英会話の力を試しているという。その上で、高校1年生でアジアの近隣諸国を修学旅行で訪れて、工業団地の見学などを行ったり、現地の高校生たちと討論をしたりしているという。
2016-01-09
ホーチミン市、2016年に一等地23区画の競売を実施
ホーチミン市資源環境局によると、2016年に市内の一等地23区画の競売を行う。 2015年に競売する予定で手続きが終わらず、2016年に持ち越されたものが14区画(計9万5,400㎡)あり、これに1区Le Duan通り23番地も含まれる。
2016-01-08
青森県物産展、ホーチミンのイオン1号店で開催
青森県の八戸市商工労働部産業振興課は、ホーチミン市タンフー区のイオンモール・タンフーセラドン(30 Bo Bao Tan Thang St., Son Ky Ward, Tan Phu Dist., Ho Chi Minh)で1月20日(水)から24日(日)まで、青森県の物産展「Japan Aomori Food Fair 2016」を開催する。
2016-01-08
ベトナム航空、テトの繁忙期に800便を増便
需要の多いハノイ〜ホーチミン線は192便の増便で、機材はボーイングB787型機と777型機、エアバスA350型機とA330型機、A321型機を使用する。
2016-01-07
ホーチミンと東南部3省を接続、アンハオ橋着工
建設省傘下の第1建設総公社(CC1)は12月30日、国道1A号線と国道51号線、国道1K号線を繋ぐ道路及びドンナイ川支流に架かるアンハオ橋建設案件を着工した。
2016-01-07
ホーチミン近郊の観光園「トゥイ・チャウ」、地元民に人気 人工泉やワニの湖も
ホーチミン市内から約20キロに位置する観光園「Thuy Chau(トゥイ・チャウ)」が現在、地元民の人気を集めている。 人工の泉が一番人気の同園。泉は水道水で、高圧フィルターシステムで水をきれいにして、1日おきに塩素で消毒している。
2016-01-07
東洋機械金属、タイ現法のホーチミン事務所開設
精密機械メーカーの東洋機械金属株式会社(兵庫県明石市)は、同社タイ現地法人のホーチミン事務所を開設した。同事務所は、ホーチミン市1区「ビンコムセンター・ドンコイ」(72 Le Thanh Ton St., Dist.1)内に位置する。
2016-01-07
石炭灰舗道をアジア展開 高温多湿の地、吸水力武器 宗像の中小企業開発
海外展開は、環境分野の産官学組織「九州地域環境・リサイクル産業交流プラザ」の仲介で、昨年7月にマレーシアのエンジニアリング会社と技術移転の覚書を締結。
2016-01-06
ホーチミン:映画名曲コンサート、市民劇場で1月9日開催
ホーチミン市1区の市民劇場(7 Lam Son Square, Dist.1)で1月9日(土)20時から、ホーチミン市バレエ交響楽団&オペラ(HBSO)のニューイヤーコンサート「ア・ナイト・オブ・フィルム・ミュージック(A Night of Film Music)」が開催される。
2016-01-06
ホーチミン7区の外国人向け注目物件「ハッピーレジデンス」、最後の棟を発売へ
同都市区には、ベトナムまたは海外の教育カリキュラムに沿った教育施設が幼稚園から大学まで合わせて約30か所あり、ホーチミン市の中でも教育施設が最も集中する地域の1つとなっている。
2016-01-06
東南アジア株式=軒並み下落、中国株の急落受け
4日に発表された12月のマレーシア製造業PMIでは、生産活動の低下が続いていることが明らかになった。
2016-01-05
タンソンニャット空港の過ごし方
新暦年末年始の休み、ベトナムはお休みが少ないので、家族や友人が来越しベトナムを案内するという在住者も多いのではないかと思います。
2016-01-05
美しい街並みに酔いしれる!世界各地の「パリ」を巡る旅
美しい建物だけでなく、パリに欠かせないのがカフェ文化。ベトナムもコーヒーの有名産地です。ベトナムコーヒーは深めに煎った豆から抽出し、牛乳ではなくコンデンスミルクを入れるのが特徴。その濃厚な味わいは、一度ハマるとクセになるおいしさです。
2016-01-02
2015年に完成した主要な交通インフラ、ホーチミン道路など
2015年1月にニャッタン橋、ノイバイ国際空港第2旅客ターミナル(T2)、ボーグエンザップ道路(ニャッタン橋〜ノイバイ国際空港間)の3案件が一斉に竣工した。
2016-01-02
カテゴリ
エリア