News

2014年03月のニュース

2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8
2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 | 6 7 8 9 10 11 12

2014年03月

羽田の国際線 増便の第1便が離陸
またアジア方面もハノイのほか、ベトナムのホーチミンやフィリピンのマニラなどを結ぶ新たな路線が就航し、羽田発着の国際線は、13の国と地域の17都市から、7月までに17の国と地域の25都市に広がります。
2014-03-31
廃品から1万円札520枚=ベトナムで持ち主論争
【ハノイ時事】ベトナム南部ホーチミンで最近、廃棄物回収業の女性(34)が不要品として買い取ったスピーカーから、日本の1万円札が520枚以上見つかった。
2014-03-31
羽田空港の国際線 きょうから増便
また、アジア方面も、ベトナムのハノイやホーチミン、フィリピンのマニラなどを結ぶ新たな路線が就航し、羽田発着の国際線は、13の国と地域の17都市から、7月までに17の国と地域の25都市に広がります。
2014-03-30
ベトジェットエア、ホーチミン/ダラット線に就航
ベトナムの格安航空会社(LCC)、ベトジェットエアは2014年3月22日から、ホーチミン/ダラット線に就航しました。運航はデイリーで、機材はA320を使用しています。 ベトジェットエアはダラット発着ではビン、ハノイ線に続く3路線目で、就航する全路線は22路線となります。
2014-03-30
国交省、JALの羽田-ホーチミン線認可 搭乗率の開示条件に
JCABでは、現時点で同一路線を運航する航空会社がなく、直接競合が生じていないことや、両都市間の需要が旺盛であることを背景に、JALが羽田-ホーチミン線開設後もANAが現在運航する成田-ホーチミン線の維持が困難になるなどの重大な影響は生じないと判断した。
2014-03-30
JALのホーチミン新路線 認可
国土交通省は、日本航空が申請していた羽田空港とベトナムのホーチミンを結ぶ新たな路線について、「ほかの航空会社との競争上、重大な影響は生じない」として、開設を認可することを明らかにしました。
2014-03-29
国土交通省、JALの羽田〜ホーチミン線運航を認可…需給状況のデータ提供を受けて「監視する」
今回、JALが開設申請していた羽田~ホーチミン線は、新規路線に当たるため、国交省は「日本航空の企業再生への対応について」に基づき、開設によって航空会社間の競争環境が不適切に歪められないかなどを精査。
2014-03-29
ホーチミン市人民委員会庁舎、1階部分を一般開放へ
ホーチミン市が現在の人民委員会庁舎の1階部分を一般開放する予定だという。ホーチミン市開発研究所のグエン・チョン・ホア所長はこのほど開催された「遺跡保存と持続的な都市開発」をテーマとしたセミナーで明らかにした。
2014-03-28
羽田-ホーチミン線に正式認可 日航、30日から1日1往復運航
国土交通省は25日、日本航空が申請していた深夜早朝時間帯の羽田-ホーチミン(ベトナム)線の新規開設を正式に認可した。
2014-03-27
国交省、JALの東京/羽田〜ホーチミン線の就航を認可 3月30日就航へ
同日より、羽田空港の昼間の国際線発着枠が増加。JALは5枠の配分を受けた。ベトナムやカナダなどの割り当ては得られなかったものの、空いている深夜枠を活用して、ホーチミン線の就航を申請していた。
2014-03-27
ベトジェットエア、ホーチミン〜シンガポール線に就航! 5月23日より
ベトナムのLCC、ベトジェットエアは、2014年5月23日より、ホーチミン〜シンガポール線に就航します。 ☆ダイヤ. VJ8931 ホーチミン(08:50)〜シンガポール(11:40). VJ8932 シンガポール(12:40)〜ホーチミン(13:30). エアバスA320型機で毎日運航します。
2014-03-26
日航ホーチミン線を認可=「競争に重大影響なし」-国交省
太田昭宏国土交通相は25日の閣議後記者会見で、日本航空が申請していた羽田-ホーチミン(ベトナム)線の新規開設を認可すると発表した。
2014-03-26
「ベトナム市場実態調査」、南北の違いが顕著に
市場調査の株式会社インテージ(東京都千代田区)は24日、アジアインサイトレポート第7弾として「ベトナム市場実態調査 都市比較編」を発表した。
2014-03-26
ホーチミン:「第10回観光フェスティバル」、3月27日から開催
ホーチミン市1区の9月23日公園B地区で、3月27日(木)から30日(日)まで、「第10回観光フェスティバル」が開催される。同イベントは、ホーチミン市文化スポーツ観光局が毎年開催しているもの。
2014-03-26
日航の羽田-ホーチミン線新設を認可=競争に重大影響なし-国交省
太田昭宏国土交通相は25日の閣議後記者会見で、日本航空が申請していた羽田-ホーチミン(ベトナム)線の新規開設を認可する方針を明らかにした。競合する全日本空輸は、公的支援で再生した日航による路線新設に反発していた。
2014-03-26
ホーチミン:全国初の組立式移動カフェがオープン
ベストコン(Bestcon)株式会社はこのほど、ホーチミン市2区タオディエン地区スアントゥイ通り48番地(48 Xuan Thuy, Phuong Thao Dien, Quan 2)に、全国初となる組立式移動カフェ「Thaikafé」をオープンした。
2014-03-26
日航申請の羽田-ホーチミン線を認可へ 国交相「競争ゆがめられない」
国土交通省は25日、日本航空が30日からの就航を申請していた羽田-ホーチミン(ベトナム)の新路線を認可する方針を明らかにした。
2014-03-26
日航の羽田-ホーチミン便を認可 全日空は反対コメント
国土交通省は25日、日本航空が新設を申請していた羽田―ホーチミン線を認可すると発表した。30日から、深夜の午前1時35分に羽田を発ち、午前5時15分(現地時間)にホーチミンに着く。
2014-03-26
ベトナムで亡霊の如く漂う「原発安全神話」
グォー家を訪れて前回と違ったのは、ホーチミン市の専門学校に行っていた末娘が戻っていたことである。卒業はしたものの、いまだ就職先がない。専攻は建築。地元にできる原発で働けるのではと水を向けると、. 「2020年だもの。
2014-03-25
アジアインサイトレポート 第7弾 『ベトナム市場実態調査 都市比較編』
北部のハノイと南部のホーチミンではライフスタイルに大きな違いがあるヘアケアサービスの利用率は、ホーチミンでは95%。ハノイでは41%にとどまる余暇の過ごし方は、ハノイは「家族と」がダントツ。
2014-03-25
【海外:ベトナム】国内初のマクドナルドが大盛況。開店1ヶ月で来店者数40万人突破!
だがもしかしたら、近い将来、ホーチミンの地元の人々の食事は、欧米諸国と変わらないマクドナルドのハンバーガーになってしまうかもしれない。 先月、ベトナム初のマクドナルドがホーチミン市にオープンし、開店から1ヶ月で既に40万人が来店した。
2014-03-25
ベトジェット、5月23日からホーチミン〜シンガポール線就航へ
格安航空ベトジェットエア(Vietjet Air)が5月23日からホーチミン~シンガポール線を就航する。当面は週7往復で運航する予定で、片道の所要時間は約1時間50分。出発時間はホーチミン発が午前8時50分。シンガポール発が午後12時40分。
2014-03-25
ホーチミンの病院でまた新生児連れ去り事件が発生
ホーチミン市5区のフンブオン産婦人科病院で17日午前7時30分ごろ、生後1日の新生児が連れ去られる事件が発生した。誘拐されたのはメコンデルタ地方チャービン省出身のN.T.P.Tさん(30歳)が出産した男児(生後1日、体重2400グラム)。
2014-03-25
ホーチミン:全国初の自動書籍販売機、今月末より設置開始
チェー出版社はこのほど、ホーチミン市で今月末より書籍の自動販売機を設置すると発表した。書籍の自動販売機が設置されるのは全国でこれが初めて。 書籍の自動販売機では、1台ごとに25タイトルの書籍を販売しており、書籍コードを入力するだけで購入できる。
2014-03-23
ホーチミンとリヨン、遺跡保存や環境保護などで協力促進
ホーチミン市人民委員会のレ・タイン・リエム副主席はこのほど、フランス・リヨン市のジレス・ブナ副市長と会談し、遺跡保存や都市開発、公共照明などの分野における協力関係促進について話し合った。
2014-03-22
4月14日(月)ベトナム初開催 『内田クレペリン検査』ホーチミン説明会開催
60年以上の歴史の中で、延べ5000万人以上の日本人が受検し、現在でも官公庁や企業、学校等で年間100万人の利用実績を誇る『内田クレペリン検査』がベトナムでもご利用いただけることになりました。
2014-03-21
スターバックス越4号店、ホーチミンで21日オープン
米コーヒーチェーン大手スターバックスのベトナム4号店が21日、ホーチミン市1区ハイバーチュン通りとドンズー通りの角地にオープンする。また、今年第2四半期中には、ハノイ市1号店が開店する予定。
2014-03-21
ハノイ初のロッテマートが3月27日開店、ホーチミンでも更に1店舗を予定
ロッテマートは現在、ホーチミン市に2店舗、南中部沿海地方ビントゥアン省に1店舗、東南部ビンズオン省に1店舗、同ドンナイ省に1店舗、南中部沿岸地方ダナン市に1店舗の計6店舗を展開しており、ドンダー店は7店舗目となる。
2014-03-21
[ベトナム株]ホーチミン:年初2か月のFDI好調、投資額数倍に
2014年のホーチミン市への海外直接投資(FDI)は、年初から好調で、投資額が前年同期に比べ大幅に増加している。
2014-03-19
ホーチミン:親友を川に投げ捨てた男を殺人容疑で逮捕
ホーチミン市警察は12日、親友の男性リュー・ビン・ダットさん(18歳)を殺害し金品を奪った容疑でグエン・キム・アン(男・19歳)を逮捕したと発表した。アン容疑者は、ダットさんを睡眠薬で眠らせて大きな袋に詰め、生きた状態で川に投げ捨てたことを認めている。
2014-03-18
ホーチミンの超富裕層、10年後に2.7倍、増加率は世界一
英系不動産サービス大手のナイト・フランク(Knight Frank)が5日に発表したレポートによると、ホーチミン市の超富裕層人口は今後10年で2.7倍に増加する見通しだ。この増加率は世界87都市中で最も大きいという。
2014-03-17
第8回ホーチミン・ブックフェア、3月24日から開催
ホーチミン市1区のレバンタム公園(Vo Thi Sau, Da Kao, Quan 1)で3月24日(月)から30日(日)まで、「第8回ホーチミン市ブックフェア」が開催される。
2014-03-17
ホーチミン市、漏水による損失1日27億ドン
Sai Gon給水総公社(Sawaco)によると、ホーチミン市の配水管の長さは5,462km、うち642kmで使用から30年以上が過ぎ、交換、改修が必要になっている。
2014-03-16
「ホーチミン市観光局」設立へ、文化スポーツ観光局から独立
グエン・タン・ズン首相はこのほど、ホーチミン市人民委員会が提案していた「ホーチミン市観光局」の設立を承認し、同市人民委員会に対して、現行の法律に従い、設立の準備を進めるよう指導した。
2014-03-14
ホーチミン:「第24回 国際繊維・アパレル産業展示会」、4月10日から開催
ホーチミン市のタンビン国際展示場(TBECC:446 Hoang Van Thu, Tan Binh)で4月10日(木)から13日(日)まで「第24回 国際繊維・アパレル産業展示会」が開催される。
2014-03-13
日航の羽田-ホーチミン線認可へ 国交省
国土交通省は日本航空が申請している深夜・早朝時間帯の羽田―ベトナム・ホーチミン線の開設を今月下旬に認める方向で最終調整に入った。公的支援で再生した日航の新規路線の開設については、同業他社との収益力格差を考慮し慎重に判断する姿勢を示していた。
2014-03-13
ホーチミン:年初2か月のFDI好調、投資額は前年同期の数倍に
2014年のホーチミン市への海外直接投資(FDI)は、年初から好調で、投資額が前年同期に比べ大幅に増加している。
2014-03-13
ホーチミン:交通違反者の7割が女性、死亡者の9割が男性
昨年ホーチミン市で検挙された交通違反のうち7割が女性によるもので、事故死亡者の9割が男性だった。同市で5日に開かれた「2013年のホーチミン市交通安全活動に関する総括会議」で同市交通安全委員会が明らかにした。
2014-03-13
億万長者はアジアのどこにいる?-ホーチミンでは2023年に2.7倍に
今後数年間に経済成長著しいアジアで新たに数千人以上の大富豪が現れる、と聞いても驚くには当たらない。高級ブランドメーカー、不動産業者、プライベートバンカー、そして大金持ちとの結婚に憧れている人たちにとって、重大な問題は彼らが一体どこにいるのかということだ。
2014-03-12
越、二輪車登録3900万台超 登録制限も増加に歯止め掛からず
このため政府は、20年までの登録制限を昨年2月に打ち出していた。 同国の国家交通安全委員会によると、今年1〜2月に新規登録された二輪車は21万2000台に達している。
2014-03-11
[ベトナム株]国交省、JALの羽田〜ホーチミン線(夜間帯)新規開設を認可へ
日本の国土交通省は、日本航空(JAL)が申請していた羽田空港発着のホーチミン線(夜間帯)の新規開設について、今月下旬にも認可する方針を示した。
2014-03-11
共英製鋼、ホーチミン都市鉄道建設工事でネジ鉄筋受注
共英製鋼株式会社(大阪市北区)のベトナム連結子会社であるビナ・キョウエイ・スチール(VKS )が製造・販売するネジ節鉄筋が、日本政府の円借款により建設が進むホーチミン市都市鉄道(メトロ)1号線高架部の建設工事に採用され、昨年12月より出荷を開始した。
2014-03-11
ホーチミン:恋人に硫酸を浴びせた男、川に飛び込み自殺
2月26日午後8時半ごろ、ホーチミン市3区14地区チャンクアンジエウ通りにある喫茶店「ボンデン」で、愛情のもつれで我を失った男が恋人関係にあった女性に硫酸を浴びせかけ、重度の火傷を負わせる事件が発生した。 警察によると、被害者はこの喫茶店の女主人Gさん(28歳)。
2014-03-10
ホーチミン:「木製品・家具展示会2014」、3月11日から開催
ホーチミン市7区のサイゴンエキシビション&コンベンションセンター(SECC:799 Nguyen Luong Bang, Tan Phu Ward, Dist 7)で3月11日(火)から14日(金)まで「ベトナム木製品・家具展示会(VIFA EXPO 2014)」が開催される。
2014-03-09
「ホーチミン管制区でレーダーから消える」
中国国営の新華社通信は、中国民用航空局からの情報として、マレーシア航空の370便は、日本時間の8日午前2時20分ごろ、ベトナム南部のホーチミンの管制区を飛行中に連絡を絶ち、レーダーから消えたと伝えています。
2014-03-09
国交省、JALの羽田〜ホーチミン線(夜間帯)新規開設を認可へ
日本の国土交通省は、日本航空(JAL)が申請していた羽田空港発着のホーチミン線(夜間帯)の新規開設について、今月下旬にも認可する方針を示した。
2014-03-08
ホーチミン:「第1回アオザイ祭り」、3月8日・9日開催
ホーチミン市文化スポーツ観光局は3月8日(土)と9日(日)の両日、同市11区ダムセン公園(3 Hoa Binh, phuong 3, Quan11)で「第1回アオザイ祭り〜アオザイと花」を開催する。
2014-03-07
ホーチミン:西部バスターミナル、移転先をフーミーフンE地区に変更
ホーチミン市人民委員会はこのほど、ミエンタイ(西部)バスターミナルの新たな移転案を交通運輸省に提出した。それによると、移転先は同市ビンチャイン郡アンフータイ村のフーミーフンE地区となっている。同地区は、ナムサイゴン新都市区として開発した5つの地区の一つ。
2014-03-07
JAL「羽田-ホーチミン」線、夜間帯新規路線を認可へ 国交省
国土交通省は4日、日本航空が申請していた羽田空港発着のベトナム・ホーチミン線(夜間帯)の新規開設を認可する方針を固めた。今月下旬に正式に認可する。
2014-03-07
ホーチミン:ガソリンスタンドで爆発事故、人的被害なし
3月4日午後6時ごろ、ホーチミン市トゥードゥック区カーバンカン通りにあるガソリンスタンドで爆発事故が発生した。大きな爆発音と共に、地下タンクから火が上がり、周辺は一時パニックとなった。
2014-03-06
<新興国eye>ベトナム・ホーチミン、100円ショップがシェア拡大-多様な商品で幅広い客層に対応
例えば、日本食材を扱うアクルヒスーパーマーケットは、開業した1998年当初は零細商店に過ぎず、ホーチミン市内にある日本料理店やホテルに食品や水産物を供給しているだけだったが、ベトナムで日本料理の人気が高まり、需要が急増してきたことから同店は商品を多様化。
2014-03-06
ANA対JAL、“ベトナム泥仕合”の深層
3月末から実現する羽田空港の発着枠拡大に合わせて、ANAは羽田発の昼間時間帯(朝6時から夜11時まで)に、ベトナムの首都・ハノイに新路線を開設する。
2014-03-05
日航・羽田-ホーチミン線認可へ 国交省方針固める
国土交通省は4日、日本航空が3月末から始まる夏ダイヤにあわせて新規開設を申請していた、羽田空港発着のベトナム・ホーチミン線(夜間帯)を、認可する方針を固めた。3月下旬に正式に認可する。
2014-03-05
ホーチミン:生後4日の結合双生児の分離手術が成功
ホーチミン市第1児童病院で27日、結合双生児の分離手術が行われた。手術を受けたのは、メコンデルタ地方アンザン省で生まれた生後4日の結合双生児(体重4000グラム)。手術は僅か1時間ほどで終了し、無事成功した。
2014-03-05
日本人コスプレーヤーがひんしゅく、ホーチミンのコスプレイベントで
ホーチミン市の青年文化会館で22〜23日に開かれた「日本スプリングデイズ」と題されたアニメ・コスプレイベントで、若い日本人女性が大勢の若者達の前で大胆なポーズを取っている動画がネットで公開され、顰蹙(ひんしゅく)を買っている。
2014-03-05
ベトジェット、3月22日からホーチミン〜ダラット線就航
格安航空ベトジェットエア(Vietjet Air)は3月22日からホーチミン~ダラット(南中部高原地方ラムドン省)線を就航することを明らかにした。 運航は週7便、出発時間はダラット発が午前9時45分、ホーチミン発が午前11時。所要時間は約40分。
2014-03-04
AO SHOW、3月・4月にホーチミンで「ラン・トイ−私の村」公演
現代アートパフォーマンス「A O SHOW(アー・オー・ショー)」による特別公演「ラン・トイ−私の村」が2014年3月から4月まで、ホーチミン市民劇場(サイゴンオペラハウス:7 Cong Truong Lam Son, Quan 1)で行われる。
2014-03-04
ホーチミン〜ブンタウ間高速船の安全検査委員会が発足
同委員会は、グエン・バン・トゥアン交通安全局長が団長を務める22人のメンバーから成る組織で、ホーチミン~ブンタウ間で運航する高速船の安全性および環境保全に係る設備などについて検査すべく設立された。
2014-03-04
機内食図鑑 (2) ベトナム航空、和食も本格的な機内食をアオザイ姿のCAがサーブ!
紹介する機内食は、成田-ホーチミンシティのエコノミークラスで提供されたもの。往路は09:30に成田発、帰路は00:30ホーチミンシティ発のため、機内では昼食と朝食を堪能できる。同クラスの昼食と朝食はともに、和食と洋食から選べるようになっている。
2014-03-02
ホーチミン:南部スタイルの新たな遊覧船観光を準備中
ホーチミン市を訪れる観光客は、近い将来に新たな遊覧船観光を楽しめるようになりそうだ。遊覧船観光を専門に扱っているベトエクスカージョンズ社のファン・スアン・アイン会長は、遊覧船20〜30隻を建造するための資金を調達中であることを明らかにした。
2014-03-02
K-POPフェスティバル2014、ホーチミンで3月22日開催
ホーチミン市タンビン区の第7軍区運動場(phuong 2, Tan Binh)で3月22日(土)、K-POPフェスティバル2014が開催される。このコンサートは、K-POPスターが世界10か国を回る国際ツアーの一部。
2014-03-01
全国のバイク登録台数3900万台、ホーチミンでは4人に3人が保有
国家交通安全委員会によると、2014年年初2か月における全国の新規バイク登録台数は21万2083台で、現時点のバイク登録台数は合計3908万8407台に達しており、2020年の抑制目標台数をおよそ400万台上回っている。
2014-03-01
カテゴリ
エリア