News

2014年02月のニュース

2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9
2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 | 6 7 8 9 10 11 12

2014年02月

エレコム葉田社長に聞く、その海外戦略は
エレコムは昨年に引き続き、今回もMobile World Congressにブースを出展している。同社は、世界各地でショップを立ち上げ、スマートフォンやタブレットのアクセサリーを中心に海外へ進出。
2014-02-28
ホーチミン:年内の浄水場増設で浄水供給量増加へ
サイゴン水道総公社(SAWACO)、リー冷蔵電気工業[REE](Refrigeration Electrical Engineering)、給排水建設投資株式会社(WASECO)の3社が投資主を務めるトゥードゥック第3浄水場が今年末に稼働を開始する。
2014-02-28
ホーチミン:新行政センター区のデザインコンペを実施
ホーチミン市人民委員会はこのほど、「新行政センター区の全体計画及び建設デザイン」のコンペを実施する計画案を承認した。コンペの総経費は約12億ドン(約585万円)を予定している。
2014-02-28
バス会社格付け案に専門家が反対、汚職の可能性を指摘
ホーチミン市観光・長距離旅客輸送協会のレ・チュン・ティン会長は、格付けは独立した機関か消費者協会がすべきであり、管理当局がすべきではないとの見方を示した。
2014-02-27
ベトナム人3人採用 ダイヤモンドエンジニアリング
プラント設計施工のダイヤモンドエンジニアリング(魚津市)は3月に大学院などの修了資格と3次元設計の技術を持つベトナム人男性3人を社員として初めて採用する。
2014-02-27
在ホーチミン・パキスタン名誉領事館が開設
Zaigham Uddin Azam大使は、「今回の名誉領事館の開設は、両国間の協力関係を一層促進させるもの。今後は、2020年までの目標である両国間貿易額20億ドル(約2060億円)の達成を目指し、尽力していく」と述べた。 ベトナムとパキスタンは1972年に外交関係を樹立した。
2014-02-27
ホーチミン:中心部のディスコ2店舗を摘発、警官100動員
ホーチミン市社会秩序犯罪捜査局(PC45)と同市1区警察は19日、市内中心部のディスコ・バー2店舗の抜き打ち検査を実施した。 抜き打ち検査を受けたのは、1区ベンゲー地区レズアン通りの「Kumho」と同メーリン広場にある「New Sai Gon」の2店舗。
2014-02-27
東南アジア株式=ジャカルタが1週間ぶり安値、バンコクは上値削る
バンコク市場のSET指数.SETIは0.19%高の1303.88で終了。通信大手のアドバンスド・インフォ・サービス(AIS)ADVANC.BKやシン・コープINTUCH.BKなど、これまで売り込まれていた政情に敏感な銘柄に安値拾いの買いが入り、同指数は一時1%近く上昇した。
2014-02-26
東南アジア株式=大半が下落、外国人投資家の売りなどで
外国人投資家は1730万ドルの売り越し。 マニラ市場の主要株価指数PSEi.PSIは0.19%安の6296.32。外国人投資家は4846万ドルの売り越しだった。 一方、ホーチミン市場のVN指数.VNIは1.05%高の576.58で終了。
2014-02-25
ホーチミン:日本庭園「リンリン・パーク」を紹介
ホーチミン市文化スポーツ観光局と同市観光促進センターはこのほど、同市ホックモン郡にある日本庭園「リンリン・パーク」を視察した。
2014-02-25
ホーチミン:新貧困基準の適用で貧困世帯が8倍に
ホーチミン市の貧困世帯が8倍に拡大した。これは、今年1月24日に新貧困基準が適用されたためで、旧基準を適用した場合の1万6000世帯(市人口の0.8%)から13万世帯(同7.12%)に急増したことになる。
2014-02-25
深夜のホーチミン線増便が蟻の一穴に? 政府方針の空文化が危惧されるJALの“仕掛け”
先週は政府の規律の緩さの典型例として文科省の大学発ベンチャー予算を取り上げましたが、そうした規律の緩さは政府だけではありません。民間でも頻発しているように見受けられます。その典型例はJALの新規路線の開設ではないでしょうか。
2014-02-24
バイオマス研究でベトナムと覚書
【帯広】ベトナムでのバイオマス(生物資源)を活用した発電や有機農業の技術的支援を目指す「バイオマスリサーチアジア」(帯広市、菊池貞雄社長)は、19〜22の4日間で、ホーチミン市や大学、企業など5者と技術導入に向けた共同研究を行う覚書を交わした。
2014-02-23
ANA、エコ割アジアスプリングスペシャルを発売 ホーチミン行き4.9万円
全日空(ANA)は2014年2月20日から3月3日までの期間、「エコ割アジアスプリングスペシャル」を設定、販売しています。搭乗期間は3月30日から4月25日までの日本発が対象。
2014-02-22
トップ>ニュース>統計>ホーチミン:2013年の失業率4.8%、前年から0.1ポイント改善
ホーチミン市労働傷病兵社会局の統計によると、2013年における同市の失業率は、前年より0.1ポイント低い4.8%となった。同局は2014年も引き続き失業率の改善を目指すとしている。
2014-02-22
ホーチミン:バイクに対する道路補修費の徴収開始へ
ホーチミン市人民委員会はこのほど、バイクの道路補修基金の設立を決定した。それによると、同基金は同市人民委員会の直轄機関となり、同市1区ベンゲー地区リートゥチョン通り63番地に事務所が置かれる。
2014-02-21
ホーチミン:市バス3路線を運行廃止
ホーチミン市公共旅客運輸運行管理センターはこのほど、採算性と効率性に問題があるとして市バス3路線の運行廃止を決定した。
2014-02-21
JAL、羽田-ホーチミン線販売開始 深夜枠利用の新路線
日本航空(JAL、9201)は2月19日、国土交通省航空局(JCAB)へ1月に申請していた新路線、深夜出発の羽田-ホーチミン線の航空券販売を開始した。3月30日から始まる夏ダイヤの新路線で、羽田空港の深夜早朝時間帯(午後11時から午前6時まで)を利用する。
2014-02-21
旧正月の「テト」前後は、仕事にならない魔の季節?--ベトナムの事情
という日」というわけでもなく、「年の初めの休日」といった程度のものでしかありません。日本のように飾りつけをするでもなく、むしろクリスマスの飾りつけが至る所に残っているあり様です。
2014-02-20
アジア経済ニュース
香港航空は3月、2008年に運航を一時停止していた香港〜ホーチミン市路線を再開する。同航空の関係者が18日に明かしたもので、19日付サイゴンタイムズが報じた。香港〜ホーチミン市便は仏エアバス機A320型機を使用し、月・水・金の週3回運航する。
2014-02-20
東南アジア株式=バンコク続落、マニラは海外勢の買いで上昇
シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)<.FTSTI>は0.59%高の3088.79、クアラルンプール市場の総合株価指数<.KLSE>は0.23%高の1829.45。ジャカルタ市場の総合株価指数<.JKSE>は0.8%高の4592.65。
2014-02-20
ベトナム(ホーチミン)概況
2013年は日越外交関係樹立40周年にあたり、「日越友好年」と定められ、文化交流をさらに推進することや、2020年までに両国の貿易量を倍増させるとの期待も表明されるなど、日越関係はますます緊密なものになった。
2014-02-20
JAL、ホーチミン・ハノイ線を対象に「JAL エコノミースペシャル Spring」の発売を開始! 新路線の羽田〜ホーチミン線も対象!
JALは、東京〜ホーチミン・ハノイ線を対象に「JAL エコノミースペシャル Spring」の発売を開始しました。予約・購入は2014年2月28日まで。
2014-02-20
JAL乗客置き去り お詫びに4万円?
乗客を置き去りにした便の数や、置き去りにされた乗客の数は算出が難しいという。空港までたどり着けずに便に乗れなかった乗客も多数おり、置き去りにされた人と切り分けられないからだ。 置き去り客を出した便のひとつが、ベトナムのホーチミン・シティ行きのJL759便。
2014-02-19
ベトナム発 ホーチミンにマクドナルド1号店
ベトナム1号店(2階建て・350席)ができたのは、1区のディエンビエンフー通りとグエンビンキエム通りのロータリー。24時間営業である他、ベトナム初となるドライブスルーも導入しており、注目を浴びている。
2014-02-19
ホーチミン市メトロ1号線「市民劇場」駅、4月1日に着工
ホーチミン市都市鉄道管理委員会によると、予定では4月1日、都市鉄道1号線Ben Thanh-Suoi Tien線(メトロ1号線)の市民劇場地下駅に着工する。
2014-02-19
ホーチミングルメフェスタ、2月21日から開催
ホーチミン市文化スポーツ観光局は2月21日(金)から23日(日)にかけて、市内にあるバンタイン観光区(48/10 Dien Bien Phu, Phuong 22, Quan Binh Thanh)で、「ホーチミン・グルメフェスタ」を開催する。
2014-02-19
ホーチミン:イギリス人の物乞い男性、国外退去処分へ
公安省出入国管理局は13日、イギリス国籍のウォルフ・シェイン氏(70歳)に対して、国外退去処分を言い渡した。同氏は、滞在ビザが失効しているのも関わらず、不法滞在を続け、ホーチミン市1区で物乞い生活を送っていた。
2014-02-19
アジア株式市場サマリー(17日)
安値 20338.95 前営業日終値 20366.82 173.47高 1.44億株 ベトナム株価指数(ホーチミン) 大引け 570.20 2.02安 N/A 高値 572.85 安値 567.89 前営業日終値 572.22 2.04高 N/A <中国・香港株式市場> 中国株式市場は続伸し、2カ月ぶりの高値を付けて終了した。
2014-02-18
航空会社:JALとANA不毛なケンカ 同日にベトナム便
日本航空(JAL)は13日、東京・羽田空港−ベトナム・ホーチミン便の3月30日開設を国土交通省に申請した。その日には全日本空輸(ANA)がハノイ便を就航させる。旅行者には利便性が高まりはするが、新路線の裏には「公正公平」の解釈を巡る確執がある。
2014-02-18
JALが国際線乗客多数を成田に「置き去り」 大雪の混乱で搭乗手続きアナウンスできず
空港までたどり着けずに便に乗れなかった乗客も多数おり、置き去りにされた人と切り分けられないからだ。 置き去り客を出した便のひとつが、ベトナムのホーチミン・シティ行きのJL759便。本来は17時55分の出発予定が、約4時間遅れて22時17分に出発した。
2014-02-18
ホーチミン:サイゴンニューポート複合都市区計画を承認
ホーチミン市人民委員会はこのほど、国防省管轄下のサイゴンニューポート(Saigon Newport=SNP)が投資主を務めているサイゴンニューポート複合都市区案件の詳細計画を承認した。
2014-02-18
米マクドナルドがベトナム1号店開業
米ファストフードチェーン大手のマクドナルドは8日、ベトナム南部の商都ホーチミン市に同国1号店を開業した。24時間営業の外食チェーン店は同国で初。今後10年間で100店舗超を展開する計画だ。 同日は早朝から顧客が詰めかけ、最大2時間待ちの列ができた。
2014-02-17
JALが前代未聞の大失態!? 乗客50名を置き去り離陸「2万円で許して。いや、4万にします」
問題の飛行機はJAL・759便。成田→ホーチミン行き2月9日(21時30分発)で当初は夕方 17:55発の予定だった。この時間は関東では大雪で他の複数の飛行機同様、約3時間遅れとなっていた。
2014-02-17
初のアオザイ博物館=約50着展示-ベトナム
ベトナムのアオザイ博物館。左はグエン・ティ・ビン元国家副主席のアオザイ=9日. 【ハノイ時事】ベトナム南部ホーチミンにこのほど、民族衣装アオザイの博物館がオープンした。ベトナムでは各地の記念館などにカラフルなアオザイが展示されているが、専門の博物館は初めて。
2014-02-17
ホーチミン:フラワーロードの開催地変更を検討
ホーチミン市人民委員会のフア・ゴック・トゥアン副主席は10日に行われた「フラワーロード2014」の総括会議で、同市が来年の同イベントの開催地をこれまでの1区グエンフエ通りから、レロイ通りまたはハムギー通りに変更することを検討していると明らかにした。
2014-02-17
ANAの787塗装変更が1位 先週の注目記事14年2月9日-15日
第2位は、ANAHDの伊東信一郎社長が14日、日本航空(JAL、9201)が新路線として国土交通省航空局(JCAB)に申請した深夜出発の羽田-ホーチミン線について、「8.10ペーパーを逸脱しているのではないか」と不快感を示した件について。
2014-02-16
東南アジア株式=おおむね上昇、他のアジア市場に追随
JK>はともに3%超の上昇。 インドネシアは2013年第4四半期の経常赤字が大幅に縮小。これを受け、投資家らがインドネシア債券の買いに動き、同国通貨ルピアは11週間ぶりの高値近辺まで上昇した。
2014-02-15
ANA、JALの新路線申請「競争環境さらにゆがむ」 伊東HD社長が不快感
ANAホールディングス(9202)の伊東信一郎社長は2月14日、日本航空(JAL、9201)が新路線として国土交通省航空局(JCAB)に申請した深夜出発の羽田-ホーチミン線について、「8.10ペーパーを逸脱しているのではないか」と不快感を示した。
2014-02-15
日越中小企業工業団地、ホーチミンで17日着工へ
日越中小企業工業団地(ビーパンテクノパーク:Vie-Pan Techno Park)が17日、ホーチミン市ニャーベー郡のヒエップフオック工業団地で着工する。 日越中小企業工業団地建設案件は、投資総額3100万ドル(約31億6000万円)、面積13ヘクタール。
2014-02-15
日本人に人気の海外旅行先、ホーチミンが14位にランクイン
ホテル等の宿泊施設のオンライン予約サービスを手掛けるホテルズドットコム(Hotels.com)が発表した「日本人に人気の海外旅行先ランキング2013」によると、ホーチミンが昨年の17位から3つ順位を上げて14位にランクインした。
2014-02-14
ホーチミン:小中高でノートパソコンを試験導入へ
ホーチミン市人民委員会のフア・ゴック・トゥアン副主席は、8日に開催された「市のトップと子供たちの交流」をテーマとしたイベントで、2014〜2015年の学年度に小中高の授業でノートパソコンを試験的に導入する方針を示した。
2014-02-14
ホーチミン:無認可の保育所866か所を閉鎖か
ホーチミン市人民委員会は、現在市内で運営されている無認可の保育所866か所を閉鎖させる方針を明らかにした。同市では昨年末、保育士らによる日常的な児童虐待が近隣住民の撮影したビデオによって明らかになるなど、保育所での児童虐待が社会問題となっている。
2014-02-14
ソフトクリーム大手デイリークイーン、越で2店舗開業、5年以内に60店舗へ
米大手ソフトクリームチェーンのデイリークイーン(Dairy Queen)の地場パートナーであるベトナムQSR有限会社は先月中旬、ホーチミン市1区ハイバーチュン通り346番地に1号店を、グエンティミンカイ通り18A2番地に2号店を相次いでオープンした。
2014-02-13
マクドナルドがベトナム進出、ホーチミンに1号店
【ベトナム】米系ファストフード大手、マクドナルドは今月8日、ホーチミン市のディエンビエンフー通りにベトナムでの1号店を開店した。ベトナム各紙が伝えた。 マクドナルドは現地企業のグッドデー・ホスピタリティーと提携し、ベトナムに進出。
2014-02-13
10年来の計画実現=ベトナム進出で米マックCEO
【ホーチミン時事】米マクドナルドのトンプソン最高経営責任者(CEO)は10日、世界120カ国・地域目となるベトナム南部ホーチミンの越1号店で記者会見し、「10年以上前から進めていた計画が実現した。ベトナム市場の将来性は非常に大きい」と述べた。
2014-02-11
ILDEX 2013畜産展示会、ホーチミンで3月19日から開催
ホーチミン市7区のサイゴンエキシビション&コンベンションセンター(SECC:799 Nguyen Luong Bang, Tan Phu Ward, Dist 7)で、3月19日(水)から21日(金)まで、「第5回ILDEX 2013畜産展示会」が開催される。
2014-02-10
マック、ホーチミンに1号店
マック、ホーチミンに1号店. 2014年02月08日. ツイート. マック、ホーチミンに1号店. 米マクドナルドは8日、ベトナム南部ホーチミンに世界120カ国・地域目となる越1号店(写真)をオープンした。2時間待ちの列ができた。
2014-02-09
幻想的な白亜の世界で過ごすベトナム・ホーチミンでの価値ある週末。
足を踏み入れた瞬間、ここはどこだろうと誰もが思うに違いない幻想的な空間。異空間で日常を忘れ、最旬アートパフォーマンスで童心に帰る。日本へのお土産は、本場ホーチミンで習うベトナム料理のレシピ。
2014-02-08
韓国企業との付き合い方セミナー、ホーチミンで2月21日開催
日系レンタルオフィスのCROSSCOOP VIETNAMと人材紹介ビジネスのJAC Recruitment Vietnamは2月21日(金)、韓国人や韓国企業との付き合い方を日本... すべての記事をご覧頂くには VIETJOサーチ利用登録が必要です. PR. ベトナム旅行のことならやっぱりスケッチ。
2014-02-07
イオン、ホーチミンで日本製品展示会、クールジャパンの芽の発掘事業に協力
イオン株式会社(千葉県千葉市)はベトナムにおけるショッピングモール1号店「イオンモール・タンフーセラドン」で2月7日(金)から10日(月)まで、BSフジおよび電通と連携し、日本製品の展示を行うと共に、ベトナム現地企業との商談会、異業種交流会に参加する。
2014-02-07
ホーチミン (ベトナム) 熱気に満ちる発展の街
ホーチミンは1975年までサイゴンと呼ばれていた。ベトナム戦争の戦火にさらされた街。商取引を自由化するドイモイ(刷新)政策によって活性化し、高層ビルが林立する近代都市に変貌を遂げた。
2014-02-06
カテゴリ
エリア